シェアする

時をかける少女が黒島結菜で連ドラ復活も原作が小説と知らない人多すぎ!

Pocket

またアニメの実写化かよ

っていう書き込みをネットで見て愕然としました。

時をかける少女が2016年夏ドラマで5度目のドラマ化となるのですが
細田守監督作品アニメの印象が強く付いている人がいるみたいです。

実は原作はアニメでもマンガでもないんです。

今回は原作発表から50年という記念すべき年
夏ドラマとなったこの「時をかける少女」についてお話します。

原作

筒井康隆ヤングアダルト向けSF小説作品

1965年「中学三年コース」(学習研究社)の1965年11月号にて連載開始
「高一コース」(学習研究社)1966年5月号まで掲載。(全7回)

1967年3月、鶴書房盛光社のジュニアSFシリーズから刊行
後1972年に鶴書房のSFベストセラーズとして刊行

筒井氏の作品では珍しい正統派少年少女向け小説です。

あらすじ

ある日、中学3年生の少女・芳山和子は、同級生の深町一夫や浅倉吾朗と一緒に
理科室の掃除を行っていた時に、実験室でラベンダーの香りを嗅いで意識を失う。

その3日後、和子の周囲にはいくつかの事件が起こる。
深夜に起こった地震により、吾朗の隣の家が火事になる。

そして、その翌日に吾朗と共に交通事故に巻き込まれそうになった瞬間、
和子は前日の朝に時間を遡行する

もう1度同じ1日を繰り返した和子は、一夫と吾朗にこの奇妙な体験を打ち明ける
最初は信じなかった2人も和子の話を受け入れ、担任である理科担当の福島先生にも打ち明ける

話を聞いた福島先生は和子の能力は

テレポーテーションとタイム・リープと呼ばれるものである

ことを説明し、
事件の真相を知るためには、4日前の理科室に戻らなければならないことを指摘する。

やがて自分の意思でタイム・リープを行えるようになった和子は、
4日前の理科実験室で正体不明の訪問者を待ち受ける。

しかしそこへ訪れたのは、深町一夫だった。

過去の主な映像化

映画化3回 → 原田知世・仲里依紗などが主演
テレビドラマ過去4回 → 南野陽子・内田有紀などが主演
アニメ映画1回 → 細田守監督作品 主人公役は仲里依紗

因みに細田守監督のアニメ映画は
大林宣彦監督作品(原田知世主演)から20年後という設定。

5度目のドラマキャスト

2016年5月10日現在で発表されているのは下記2名。

芳山未羽 → 黒島結菜
深町翔平(未来人ケン・ソゴル) → 菊池風磨(Sexy Zone)

原作での主人公名は芳山和子で同級生名は深町一夫ですが
今回のドラマでは現代風の名前に変わっています。

2016年版ドラマの見どころ

今回のドラマ化では少女だけではなく、
深川くん(未来人ケン・ソゴル)側から見たストーリーも丁寧に描く史上初の試みに挑戦。

・彼はなぜ未来から2016年に来たのか?
現代での生活をどう感じているのか?
・少女のどこに恋をしたのか?

といった今まで描かれてこなかった“丁寧な心理描写”にも注目していきたいです。

主演の黒島結菜ちゃんについて

沖縄県出身のソニー・ミュージックアーティスツ所属の女優。
ウィルコム沖縄のイメージガールコンテストで『沖縄美少女図鑑賞』を受賞し、
芸能界にデビューしました。
現在は映画・ドラマ・CM出演などで活躍されています。

ドラマでの主な出演作品は

アオイホノオ
ごめんね青春!
連続テレビ小説 マッサン
大河ドラマ 花燃ゆ

などなど…
実力者若手女優さんです。

ネットの反応

・時をかける少女の映像化って何回目
・時をかける少女って実写→アニメ→で今回の実写なんだね 知らなかった
・は?時をかける少女テレビドラマ化?やめてくれ
・小説が実写化されて時を経てアニメになったものが再度実写化されるのは「アニメの実写化」
 なんだろうか……
・時をかける少女にまた「アニメの実写化かよ」とか言ってる人は、
 タイムリープしすぎて時間軸や世界線がよくわからなくなってるタイムリーパーの可能性がある。
原作を知らずに時をかける少女語んな!!!とか厨房の時は思ってました( ˇωˇ )
今の若い人は小説の『時をかける少女』を読んでない人が多いんだろうなあ。
・『時をかける少女』といえば内田有紀

直近で映像化したのが映画アニメなのでその印象が強い人が多いんだろうなぁという感じですねー

個人的見解

自分は南野陽子さんや内田有紀さんの実写化作品を見ていた世代ですが
細田監督のアニメ版→実写版も面白く見ていました。

映像化する度に原作とは違った切り口で楽しませてくれる作品に出逢える
のは原作冥利に尽きると思います。

そして今回の連続ドラマでは深町くん(未来人)視点での細かい描写もあるということで
どういうふうに見せてくれるのか今から楽しみです。
でも最後はかなり切なくなりそうな予感

7月からのドラマ開始前に原作小説を読んだり
過去の映像化したものを見ていくとより楽しめると思います。

フォローする

トップへ戻る