シェアする

雨の結婚式でも幸せ!6月結婚するジューンブライドの意味と起源

Pocket

ジューンブライドおめでとう!

6月に結婚するとこういう言葉をよく聞きます。

6月に結婚すると幸せなれると言われていますが
実はなぜジューンブライドが縁起いいのかよく分からなかったりします。

花嫁が幸せになれるジューンブライドですが、
今回は知っていそうでよく知らないジューンブライドについてまとめてみました。

ジューンブライドの意味・起源

みなさん、ギリシャ神話って知っていますか?

全知全能の神ゼウスとその妻ヘラと愉快な仲間達が繰り広げる
愛と嫉妬と憎しみのスペクタクル超大作なんですが

このギリシャ神話はとても古いため
ヨーロッパ各地の伝説、神話に大きなな影響を与えています

ローマ神話もそのひとつで、主神ユーピテルとその妻であり最高位の女神ユーノーは
ギリシャ神話におけるゼウスとヘラであるとされています。

実は何を隠そう、女神ユーノーの綴りが『JUNO』

6月を英語で言うとJUNEですが、

これは女神ユーノー(JUNO)を祀る月であることから来ていて

ヨーロッパでは昔から6月に結婚すると花嫁は女神ユーノーに祝福されて幸せになれる
信じられてきたのです。

これがジューンブライドの起源となります。

なんで6月に結婚?

女神ユーノーは地母神でもあります。
いわゆる大地の母です。

豊作、豊穣、多産をもたらす神とされ、
農業を営んできた古代欧米人にとってはとても有り難い女神様。

ユーノーが6月に祀られたことには諸説ありますが

『3-5月の農繁期を終えた後に豊作を祈念するのが6月であったから』

というのが有力。

戦の絶えない古代ヨーロッパでは食料確保は国の存続に直結していましたので
この農繁期に農作業もせず結婚なんてしたら

『この忙しい時に結婚するなんてありえないっしょ。やったら非国民だわ』

と大ブーイングになり、
3-5月の農繁期の結婚は許されていませんでした

なので農繁期に結婚できなかった男女が6月を迎えると一斉に結婚したのです。

6月の結婚はユーノーを祀る豊作祈願と重なりますから、
他の月の結婚と比べてより盛大に皆から祝ってもらえたとされています。

これも6月に結婚すると幸せになれる
『ジューンブライド』の由来のひとつともされています。

日本では梅雨だけど…

ジューンブライドって女性にとって憧れな部分ありますよね。

式場探しで見学会に行ったら

6月は人気ですよ!ジューンブライドですから
 早くしないと埋まってしまいますよ!

なんてウェディングプランナーに煽られたことがある人もいるはず。

でも、これぶっちゃけ嘘。埋まるどころか
月別での挙式数の統計を取ると、6月の結婚式ってむしろ少ないんですよ。

この時期日本はレイニーシーズンの梅雨を迎えています
折角の結婚式に雨に降られたくは無いですから、6月を避けるカップルが多いんです。

日本でのジューンブライドは需要が落ちている6月に
1組でも多く結婚式を多くしようとウェディング業界が担ぎ上げた苦肉の策だったりします。

でもメリットもあって、挙式のトップシーズンと言われる3-5月と9-12月よりは
挙式費用が安くなることもあります
(梅雨入り前の6月1週目は人気高いですが)

雨だけど縁起がいい??

日本では古来から結婚式の途中に雨が降ると、むしろ縁起が良いと言われています。

この雨には

『軟な地面を固め、2人がしっかりと歩いて行けるようになる』

という何とも粋な意味が込められているので敢えて6月に挙式するカップルも。

祝福の雨という言葉がありますが雨は偉大な神であられる主からの祝福を意味します。
雨が降っているのは天が2人を祝福して嬉し泣きしているからです。
なので実は縁起がいいんですね。

結婚式の演出でフラワーシャワーがありますが
あれは祝福の雨を表しています

雨が降るか降らないかなんてわからない

正直言って、結婚式当日に雨が降るかなんて当日にならないと分かりません

雨の少ない11月でも降っちゃう人は降ります。

それに、統計上でも6月の降水量って一番多いわけじゃないです
(一番多いのは7月、6月は2番か3番)し、地域によっては梅雨入り前だったりもします。

ブライダル業界の戦略だとは思いますが、
由来にも歴史的な背景があり結婚には縁起の良い月であることに違いありません。

結婚は2人の想いが一番大切。

もし知り合いのカップルが素敵なジューンブライドにあやかって結婚するのであれば
尊重して心から祝ってあげたいですよね。

フォローする

トップへ戻る