シェアする

2016年GW 空の便&新幹線&高速道路のピークについて

Pocket

いよいよゴールデンウイークが始まりますが

2016年のゴールデンウイークは
5/2(月)と5/6(金)に休みを取ってしまうと
最大で10連休となります。

そうなると大型連休になるので例年以上の混雑が予想されます

10連休で思い切って旅行したり
10連休とはいかなくても3連休×2回の間に小旅行や帰省しようと予定している方にとっては
新幹線や空の便の混雑がどれほどか気になりますよね。

大型連休にはUターンラッシュの話題がつきもの。
今回はゴールデンウイークのUターンラッシュや混雑情報についてまとめましたので
どんな感じか見てみたいと思います。

①空の便

最大10連休なら海外旅行の行かれる方も多いので
例年以上に飛行機のチケットが取りづらいようです。

国際線だけで
成田空港からは35,000人、羽田空港空は15,000人が
海外へ行くという情報もあります。

・海外へ出国のピーク:連休初めの4/28・5/2
・帰国のピーク:連休の最終2日の5/4・5

②新幹線

自由席に関してはどの新幹線も座れないと思っておいたほうがいいです。
1時間前に並んでも座れない・立ちっぱなし覚悟するレベル

指定席も取れない可能性があるので
今からでももし取れるようなら取っておいたほうがいいです。

・下り線:4/29午前・5/2~3
・上り線:5/5・5/7-8

新幹線の空席情報は下記から確認が可能です。
JRサイバーステーション

③高速道路

特に渋滞が長くて有名な関越・中央・東北・東名自動車道は
40-50kmの大渋滞もありえるのでピークは避けたほうが無難です。

リアルタイムで渋滞情報を確認できるサイトがあるので
高速に乗る前にはあらかじめ確認しておいたほうがいいでしょう。
ドラぷら(リアルタイム渋滞・規制情報)

・下り線:4/29・5/3の夕方まで
・上り線:5/5・5/8の夕方まで

まとめ

空の便も新幹線も高速道路も
ゴールデンウイークで利用する際には

予めピークを避けるような計画を立てて
早め早めに行動するのがいいです。

それが一番の混雑を回避できる方法だと思います。

最大10連休のゴールデンウイークを
是非有意義のある充実したものにしていってください。

フォローする

トップへ戻る