シェアする

クールビズって夏の暑い就活でやっていいの?夏の就活生服装対策

Pocket

人は第一印象で無意識にどういう人間か決めつけちゃうのよ

と学生時代に秘書検定の授業を受け持っていた
マナー講師が言っていました。

人生の岐路である就職活動。
働きたい企業に就職するために今回は就活生のクールビズについてお話します。

そもそもクールビズってなによ

温室効果ガス(主にCO2)削減のため
冷房時の室温を28℃にしても快適に過ごせる服装を着用するように
と環境省が推進し平成17年(2005年)夏にスタートしたもの。

期間は5/1~9/30(企業によっては10/31までのところも)

目的は夏場のエアコンの設定温度を上げる事で
節電・CO2の排出を抑えるための地球温暖化対策の狙いがあります。

就活生の服装

6月以降の就活では、企業側から「クールビズで来てください」などと言われることがあり、
戸惑う就活生もいると思います。

どこまでがクールビズでどこからが失礼にあたる服装になるのか?

判断に迷うところだからです。

実際クールビズ可の面接・説明会でノージャケット・ノーネクタイの比率はかなり低く
「服装に迷うから」や「それなりの物を揃えるのが大変だから」などの理由で、
就活生にはあまりクールビズは浸透していないというのが実情です。

クールビズで行くと面接に落ちるか?というと一概にそうとは言えませんが、
周りはみんなスーツ姿が多い中、目立つのは確実と言えます。
それが吉と出るか凶と出るかはその企業次第になります。

不安な場合は、会社の説明会の段階で、
会社の社員や役員がどんな格好だったかを思い出して、
それに合わせた服装をするといいと思います。

男性の場合

クールビズは通常ノージャケット・ノーネクタイが基本です。

しかし、実際は就活生の場合スーツを着ていることが多いと思います。

行き帰りは上着を脱いでネクタイなしでもOKだと思いますが
面接となった場合しっかりスーツを着てネクタイをしていたほうが好印象だろうというのが今の風潮です。

個性を出すため、あえてクールビズで挑むというのもいいと思いますが
保守的に行くのであればスーツで行って、
面接官の方に上着を脱いでいいと言われた場合脱げばいいと思います。

そこで注意したいのが半袖のシャツ
これは夏の就活ではNGです。

半袖はさすがにTPOに合わせた格好とは言いづらいと思う方が多いから。

普通にスーツを着るのであれば、夏は薄い色のスーツが出ますが、
やはり濃いめの色の方が面接官には好印象のようです。
シャツは白もしくは薄いストライプ柄にしてネクタイは涼しげな色を選ぶものいいです。

因みに夏素材のスーツは生地が薄手ですので、シワになりやすいです。
今から購入する人は「ポリエステル」がはいった生地などを選択することで
シワになりにくいものを選択するのがオススメです。

女性の場合

基本は上下揃いのスーツで色は気にしなくてもOKです。

白いシャツまたはブラウス、にストッキング、かかとやつま先が綺麗なパンプスで行きましょう。

気を付けるポイントは清潔感

ストッキングは伝線していないか?
シャツの襟や靴はよごれていないか?

などに気を配れば大丈夫です。

クールビズですが、女性もノージャケットが基本です。

就活生の対応としては
いつものスカートに白いシャツを半袖にするなどで対応可能と思います。
企業に着くまでに汗をかいてしまい気になる方は、面接する企業の近くで着替えるという手もあります。

ただ、気を付けたいのはノージャケットの場合、

白いシャツだとインナーが透けて見える場合があることです。

派手なキャミソールが透けて見えていたり、
ボタンを外しすぎて胸元が開き過ぎになるのはだらしないと判断される恐れがあります。

インナーに気を付けるか、麻などの涼しげな素材のジャケットを着ていくのも手かと思います。

最後に

クールビズって実際どこまでしていいんだろう?

実際はクールビズ指定で面接や説明会に行っても
90%以上の人がスーツにネクタイできているというのが殆どだったりします。

クールビズ指定だからノーネクタイで行ったら、落とされた>_<

などと周りから聞けば尚更ノーネクタイなんかで行けないと思います。

本当にノーネクタイで行けば落ちるのか?と疑問もわきますが
スーツをきっちりと着こなしている人とノーネクタイの人では第一印象が違います。

ですが、夏暑い中スーツをずっと着ていて熱中症になってしまっては元も子もないので
適度に日陰に入ったりCAFEに入ったり水分を摂ったりして面接に臨むようにしたほうがいいです。

本来は清潔感さえ保っていればノージャケ・ノーネクタイでOK

っていうくらいの企業が増えればいいんですけどね。

就活生の皆様、無理しすぎないでくださいね。

フォローする

トップへ戻る