シェアする

ちはやふる実写化映画続編決定!アニメ3期予定は?

Pocket

その札は、君がくれた情熱。

のキャッチフレーズでお馴染みの競技かるたを題材にした青春マンガちはやふる

先日都内で行われた実写化映画『ちはやふる-下の句』初日舞台挨拶で読まれた
原作者末次由紀からの手紙にて映画続編がサプライズ報告されました。

キャスト全員2部作完結の下の句で終わりだと思っていたようで
それぞれ思い出話に花を咲かせていたのだけど
まさかの続編決定に主人公・綾瀬千早役の広瀬すずはその場で腰を抜かして号泣

漫画実写化にしてはクオリティが高く評判のいい劇場版には
原作を知らないファンも嬉しい悲鳴ではないでしょうか。

撮影は2017年春予定公開時期は未定ですが
キャストの年齢も考慮して続編が完結編となる模様

実写化続編が決まったとなれば気になるのが
アニメ3期が来るのか来ないのか

今回はそのことについて考察しようと思います。

概要

競技かるたを題材とした少女漫画で
主人公・綾瀬千早がクイーンの座をかけて争う場面から物語が始まる。
その後は千早が過去を回想する形で作品が展開

ちはやふるの由来

小倉百人一首の撰歌

『ちはやぶる 神代も聞かず 竜田川 からくれいゐに 水くくるとは』

から。

「勢いの強いさま」という「ちはやふる」の本当の意味を千早が知り
 表現していく物語だと思う

と作者の末次由紀は取材で話しています

あらすじ

小学6年生の綾瀬千早の夢は姉の千歳が日本一のモデルになることだったが
転校生の綿谷新に「自分のことでないと夢にしてはいけない」と諭される。
そんな新の夢は競技かるたで名人になり日本一になることだった。

真剣にかるたに取り組む彼の姿に感化された千早は幼馴染の真島太一も巻き込んで、
かるたの魅力へ惹き込まれていく。

主な登場人物

綾瀬千早

主人公。小学6年生の時に綿谷新と出会い、かるたの魅力へ惹き込まれ
かるたで世界一になることを夢見るようになる。

高校へ進学した際に競技かるた部を創設、キャプテンに就任する。
「かるたバカ」と言われるほどかるたへの情熱は人一倍強い。
武器は天性の「聴力」と「感じ」の良さ

真島太一

千早の幼馴染。
小学6年生の時にかるたを通じて千早と親しくなった新への対抗意識からかるたを始める
高校入学時、千早の熱意に動かされ千早とともに競技かるた部設立。部長に就任
武器は「高い記憶力」だが大事な場面に恵まれない傾向がある。

綿谷新

小学6年生の時に転校先にいた千早と太一をかるたの世界へ引き込んだ張本人
永世名人を祖父に持ち、小学生時代は全国大会(学年別)で毎年優勝してきた実力の持ち主
祖父の死で一旦はかるたの世界から離れていたが千早と太一に再会後
再びかるたの世界へ戻る。

アニメ

2011年(1期)・2013年(2期)にそれぞれ2クール放送。

1期は8巻あたり(小学生編・県高校団体編・東日本代表編)まで
2期は8~17巻あたり(新入生編・全国高校団体編・個人編)まで

となっています。

3期予想

この記事を書いている2016年5月現在、31巻まで刊行されているので
2期までに使用されたエピソードが17巻までということを考慮すると
アニメ化にするストックは十分あります

2016年春に実写化映画2部作が完結、2017年春に続編撮影開始(公開時期は未定)
ということを考えると
やはり実写化続編に合わせて2期までを一気にCSや動画配信サービスで放送(配信)し
なおかつその後に3期を絡めて放送して一気にファンを増大させて
実写化への顧客を取り込むことが考えられます。

なので2016年秋から2017年に3期が来るのではないかと思います

2期からの間が開きすぎているとファンが離れてしまうという心配もありますが…

実写化映画の2部作を有効に利用して熱冷めやらぬうちに
アニメ3期を持ってきて更に実写映画化の続編という布陣を整えればイケそうな気がします。

原作もまだまだ連載中ですし!

終わりに

いかがだったでしょうか。

ざっくり過ぎてわかんねーよ!

と言われるのを覚悟で今回は考察しました。

競技かるたを題材にした作品は他に見当たりません
かるたという優雅な世界からは想像出来ないようなスポ根・青春といった要素もある
魅力的なこの作品をこの機会に読んでみるのはいかがでしょうか。

ちはやふるを読めばきっと百人一首の魅力にも触れることが出来ると思います。

フォローする

トップへ戻る